愛される人か、そうでない人か…。
簡単なようで、自分では自分の事なかなか分からないものですよね。
愛されるのも才能のうちかもしれないと思いました。

例えば、どのような人が好かれるか、という質問に対して。
恐らく多くの人は「明るい人」と答えると思います。

でも、明るい人といってもいろいろあるわけです…。

きっと皆が言いたいのは、「話が面白くて、前向きで、空気を読むのが上手な気配りの人」なんじゃないかと思います。
そこを、間違ってとらえて、常にいかなる時でも陽気に元気に努力と根性で乗り切ろうとする人…たまにいるんですよ。

これは違いますよね、ただの迷惑な人です。

愛される才能は、相手の反応を読むことで誰でも磨くことができそう。

相手を大切にする人は、愛される才能があると思いました。